Wizapply FAQ

コミュニティにて寄せられた質問をメモとしてまとめていきます。
ここにもない質問内容はコミュニティにて受け付けています。

Wizapplyに関する質問

Wizapply、なぜ作ったの?【3つの「多」】

プログラマを助けるためです。Wizapplyは3つの目標を掲げ支援していきます。

1.くのデバイス及びオペレーティングシステムに準ずるAPI群の学習を排除する(クロスプラットフォーム)
2.岐にわたるプログラミング方法の学習を排除する(C/C++言語のみの知識で開発)
3.くなりがちの処理コードを簡潔にし複雑になるのを排除する(画像を画面に出すのに必要なコードは数行)

使うのに必要なスキルは?

Wizapplyは、アプリ開発をしたいと考えているプログラマを支援するソフトウェアです。
開発には、対応する開発環境の使い方プログラミング言語能力のみ必要になります。

Wizapplyでは、プログラマがめんどくさいと感じるAPIの描画画面を準備するプログラム、
画像・音声・3Dモデルといったコンテンツを読み込み表示するプログラム、
行列計算、ベクトル計算プログラム、当たり判定処理など。他にも沢山の支援関数を提供しています。

ここで言うプログラミング言語能力とは、それらの支援関数の組み合わせする思考スキルのことです。

Wizapplyに関する要望

他のライブラリと一緒に使いたい

Wizapplyはライブラリの1つであるため、他のプログラムコードと併用できます。
ただし、コンパイルするに限ります。x86、ARM用にコンパイルしなくてはならないため、
ソースコードとして導入してください。リンク時に結合するライブラリは不可能です。

インストールエラー

リンクエラー

VS 2005のリンク時、デバッグ情報が壊れています。と表示されビルドできない。

  • 問題
    VisualStudio 2005にてビルドしますと
    fatal error LNK1103: デバッグ情報が壊れています。モジュールを再コンパイルしてください。
    と表示されます。
  • 原因
    VisualStudioの不具合と報告されております。
    この問題は VisualStudio 2005 および VisualStudio 2008 バージョン間で互換性問題のために発生します。
    VisualStudio 2005に出るのは、Wizapplyのライブラリ群はVisualStudio 2008にてビルドされているためです。
  • 解決
    マイクロソフトが提供するパッチを当てると直ります。
    URL:http://support.microsoft.com/kb/949009

VS 2005,2008,2010にてsherrylib_win32.libが見つかりませんとエラーがでる

  • 問題
    VS 2005,2008,2010にてwizapply_win32.libが見つかりませんとエラーが表示されます。
  • 原因
    Wizapplyのパスが通っていない可能性があります。
    自動で設定されなかったのだと思われます。
    ※vc_install.batを行った後にファイルらを移動させるとパスが不明になる場合があります。
  • 解決
    Wizapplyの「include」「lib」までのパスを手動で通してください。

Windows7にてVisualStudio 2008を使いコンパイルを行うと、たまに「LNK1000の内部エラー」が表示される

コンパイルエラー

関数が存在しないなどのエラーが出る。

Wizapplyのバージョンが異なっている可能性があります。 制作時のバージョンで作成して下さい。

以下の環境変数が見つかりませんでした:$(WZP_DIR) と出る。

環境変数が適用されていない場合が考えられます。
Wizapplyインストール直後であれば、適用されないため一度コンピュータの再起動をお願いします。
それでも直らない場合は、再度Wizapplyインストールを行い再起動をしてください。
Wizapplyのバージョンが異なっている可能性があります。 制作時のバージョンで作成して下さい。

実行時エラー

Windowsアプリケーションで実行エラー

  • 問題
    Wizapplyで作成したWindowsアプリケーションが実行時にエラーを出し強制終了されます。
  • 原因
    コンピュータがOpenGL 2.0及びDirect3D9以降に対応していない可能性があります。
    主にオンボードグラフィックチップを搭載するコンピュータでエラーが出ます。
  • 解決
    OpenGL 2.0、Direct3D9(SM2.0)以上対応のグラフィック機能を持つコンピュータを使用してください。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-10 (月) 16:24:51 (1799d)